商品について

Q商品のサイズはどのように測っていますか
A商品はすべて平台に平置きし、外寸を測定しております。商品やデザインによっては若干の誤差が生じますので、あらかじめご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。

修理・配送について

Q修理、寸法直しの納期はどのぐらいかかりますか?
A修理内容にもよりますがおよそ2週間〜4週間いただいております。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2020/08/11 10:10

PREBLICの今村です。


先週の8月7日(金)にクラッチマガジンの動画撮影をしていただきました。


クラッチマガジンさんのインスタグラムのアカウントでIGTV(動画)をイレギュラーにアップされています。

今回はPREBLICのレザージャケットについての撮影でした。


まだ動画は公開されていませんが、8月中旬頃にクラッチマガジンさんのインスタグラムにてアップされる予定です。


アップされましたら、このDiaryでもリンクで飛べるようにご紹介致します。


この写真は、その時にクラッチマガジン編集長の松島さんと撮らせていただいたものです。


暑い中ありがとうございました。




---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




前回のDiaryでご紹介しきれなかった革小物について書かせていただきます。




まずは、THOMAS-Horween Shell Cordovan col.Bourbonです。


基本的な仕様は定番と同じなのですが。。




内装を見てみると内装左側にカード室を2室追加しています。







定番だとこちらです。





定番では、内装左側をカード室1室にしている理由は、小銭の取り出しやすさと閉じた時の薄さを考慮しております。


お客様と会話をして、小銭の取り出しやすさと薄さよりもカードが2枚入ることの方が優先順位として高かったので今回はこちらの仕様にて製作させていただきました。もちろん使用と共に革も馴染み使いやすくはなってくるとは思いますが、定番のものよりは小銭の出し入れに関しては少し馴染むのにお時間がかかるかと思います。


1番の目的は、使う人の生活に合っていることです。

一人一人の仕事や生活、趣味が違うということは、もちろん持ち歩くものも一人一人違います。


「会話によってお客様の優先順位や生活スタイルを考慮しデザインや仕様を絞り込んで一つの形あるものに昇華していく」


オーダーというのは会話を通してその人にとっての正解を探し出すことで、原始的な方法ではありますが、やっぱり本質的で確実な方法だと最近改めて思います。




もしカード室追加をご検討の方がおりましたら、上記のことをご参考にご検討下さい。









次は、THOMAS-Crocodileのパターンオーダーです


一見して何が定番と違うのか分からない方もいるかとは思いますが、実は定番のTHOMAS-Crocodileはジッパー含め金具のパーツがシルバー色ですが、こちらのパターンオーダーはゴールド色に変更しております。







こちらはシルバーの金具を使った定番のTHOMAS - Crocodileです。





クロコダイルレザーの最大の特徴は、この独特の模様にあります。

個体によっても同じ模様は存在せず、さらに裁断する部位によっても模様は異なります。

本当にクロコダイルは一つとして同じものは存在しません。



その独特の模様のクロコダイルとゴールド色の金具の組み合わせは定番のシルバー色よりもゴージャスさが増します。

ちなみにこの金具のゴールドは真鍮素材なので時間とともに鈍い光を放つようになります。これもレザーと同じように経年変化してくれる真鍮素材ならではです。



そして、クロコダイルの腑(模様)の大きなところでの部位指定にて製作させていただきました。








内装に使用しているサドルプルアップレザーはお使いはじめはハリと硬さがありますが、カード、小銭入れは使用とともに少しずつしなやかになり出し入れしやすくなります。

お札を挟むクリップのバネも始めは強いですが、使用とともに馴染んでいきます。(※長くお使いいただいても挟む力が弱くなりお札が挟めなくなくことはありません)

個人差や使用頻度によって異なりますが、使用してから1〜2ヶ月程で馴染みます。

内装に革にハリがあり硬いものをあえて使っているのは、何年使ってもコシを保ちへたりにくいようにという意味を込めてこのレザーや仕様にしています。



下記の写真は1年半程使用したTHOMAS - Crocodileの内装です。

1年半使い込んでもヘタれることなくある程度のハリと硬さを保ってくれています。さらに内装のレザーはベジタブルタンニン鞣しであることから、新品の状態よりも風合いや深みが増してきているのが分かります。

馴染んでしなやかになりますが、柔らかくなりすぎず、使い込んでもある程度のハリと硬さを保ち続けてくれるのはこのレザーの大きな長所です。

ただ馴染むまでは硬いので、どうにか馴染むまでは使い込んでいただきたいです。





ご注文ありがとうございました。